ひざ 黒ずみ

過剰摂取に注意

ひざ 黒ずみ

黒ずみに効くとされるビタミンCですが、例えば1000mgを超えて摂取すると下痢の症状、2000mgを空腹時に摂取すると吐き気を起こすことがあるそうです。

 

ビタミンCの過剰摂取は尿路結石や腎臓結石は発症させるリスクの可能性もありますので、一度に大量のビタミンCを摂ることは避けましょう。ビタミンCは体内に取り入れてから数時間経つと外に排出されてしまいますから、朝昼晩と分けてこまめに取り入れることが大切です。

 

同時に摂ると有効な栄養素も覚えておくと便利ですよ。ビタミンEには強力な抗酸化作用、老化防止作用、新陳代謝活性化作用などがありますので、黒ずみを取るのに有効です。

 

またビタミンAにはメラニン色素を抑制する作用があります。ですから今あるお肌の黒ずみを解消しながら同時に色素沈着を予防することができます。

 

ビタミンEは魚類やナッツ類に多く含まれていますので、おやつにミックスナッツなどを選ぶのも良いでしょう。油で処理してあるナッツ類の場合、時間が経って酸化している可能性もありますから、できれば生のナッツを手に入れるようにしたいですね。

 

ビタミンAは人参やかぼちゃ、レバー、牛乳などに多く含まれています。ビタミンAの栄養素は油に溶けやすい性質を持っているため、炒め物にすると効率良く吸収できるでしょう。また体内に留まる時間が長いため、摂り過ぎにならないよう注意が必要です。

 

日々の食生活にちょっと気をつけることで、くすみのないキレイなお肌をより効果的に手に入れられるようにがんばりましょう。


このページの先頭へ戻る